豪華声優陣による音声と動きが付いた「手塚治虫Mマガジン」・コンチェルゲートを主に今までやってきたクエや生産これからまた始める新しい職業などののちょっとしたことを日記風に紹介。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華声優陣による音声と動きが付いた「手塚治虫Mマガジン」


ビットウェイは1日、手塚プロダクションが「手塚治虫 生誕80周年」に向けた記念事業の一環として展開する「手塚治虫Mマガジン」を、国内主要ISP、ECサイトなどで4日より有料配信することを発表した。

 1話105円。ASAHI ネットやOCN、セブンドリーム・ドットコムなど全12チャンネルで視聴可能だ。また、ビットウェイが運営する携帯電話向け動画配信サイト「Handyフル動画」では、本日より有料配信を開始。1話80ポイント(80円相当)となっている。

「手塚治虫Mマガジン」のMとは、「モーションコミック」のことで、マンガに動き、声・効果音をつけた、新しい動画エンターテインメント。手塚プロダクションの高いアニメーション技術に、大塚明夫を初めとする豪華声優陣による音声が加えられ、手塚治虫の名作マンガがアニメとは異なる、“動きと音声のあるマンガ”として視聴できるのが、「手塚治虫Mマガジン」というわけである。

 今回配信される作品は、「ブラック・ジャック」「どろろ」「火の鳥」という、誰もが知る3作品。配信オープニングキャンペーンとして、「ブラック・ジャック」より1話分(「閉ざされた三人」)の無料ダウンロードを行える。さらに、手塚治虫作品の壁紙の無料ダウンロードも可能だ。

 ビットウェイでは、DoCoMoのiモードメニューサイトとして展開している「Handyフル動画」にて、昨年12月より人気コミック「クレヨンしんちゃん」「女子高生」などの「モーションコミック」を配信中。ユーザーからの高い支持を得ていることから、今後も積極的に「モーションコミック」の拡充を進めていくとしている。

手塚治虫のマンガって本当に名作ぞろいですよね。結構好きですけど。今回豪華声優陣ということですが、どなたがどの役をやるのかがまた楽しみですよね。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。