英語をゲームで取り入れる・コンチェルゲートを主に今までやってきたクエや生産これからまた始める新しい職業などののちょっとしたことを日記風に紹介。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語をゲームで取り入れる


こんな授業があったら楽しいだろうな。

英語ってホント、勉強するのって退屈だから。

ゲームを取り入れて楽しく勉強できたら一石二鳥w

ゲームを交えて国際感覚を養う。(。-`ω´-)ンーいい考えだw

飯塚市は本年度から、外国人講師が3‐6年生に英語を教える「英語活動」を、市立の全22小学校で導入している。授業時間は年19時間で、授業中は基本的にすべて英語を使う。国際感覚を養うのが狙いで、県教委によると、小学校で外国人講師が1年を通して英語を指導するのは、県内でも珍しいという。

 飯塚市教委によると、講師は九州外語専門学校(福岡市)から派遣を受け、委託料は年約1600万円。授業は「総合的な学習」の時間を利用し、月2‐3回実施。各学年に応じた授業内容とし、あいさつや自己紹介のほか、天気の表現、曜日や動物の単語などを学ぶ。

 小学校の英語活動は2002年度から導入された。文部科学省の調査では、現在はほとんどの学校が実施しているが、9割以上は学級担任が指導している。

 同市でもこれまで、旧穂波町が外国人講師を招いていたが、多くの学校は担任が指導していた。だが、市内には大学が2つあり留学生も多いことから、「国際化の時代に、子どものうちから外国人とのコミュニケーションに慣れる必要がある」と、全小学校に外国人講師を招くことにした。

 授業は、絵本や音楽、ジェスチャーゲームなどを取り入れ、児童が英語に親しみやすい形で進行。

 講師が「ハウ・アー・ユー」(調子はどう)と問い掛けると、子どもたちは「アイム・ファイン」(元気だよ)「スリーピー」(眠い)などと応じ、ダンスをしながら、単語の発音練習などに取り組んでいる。

 同市教委は「本物の英語に触れ、国際的な視野を広げてほしい」と期待している。

引用:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20070509/20070509_007.shtml

スポンサーサイト
Copyright © ゲームの広場 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。