ニンテンドーDSによる任天堂決算説明会・コンチェルゲートを主に今までやってきたクエや生産これからまた始める新しい職業などののちょっとしたことを日記風に紹介。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンテンドーDSによる任天堂決算説明会


ニンテンドーDS、売れ行きすごいですねえ。

(○'ω'○)ん?決算説明会でなにやらすごいことが起きたみたいです。

パラダイムシステムが起きてるとやら。これってすごくないですか?

さすが任天堂って感じ。

 

任天堂の2007年3月期における売上高は9665億円、経常利益は2888億円となり、2007年1月の業績予想から比べると大幅な収益増となっている。説明会に登壇した、任天堂の岩田聡代表取締役社長は「4回にわたって業績予想を修正したが、この原因としては、ニンテンドーDSが単年度としてはこれまでに例のなかったほど販売できたことと、年明け以降もニンテンドーDSソフトが好調であったことなどが挙げられる。1つのプラットフォームにおける単年度の出荷本数としては過去最大であった」と語る。
このほか、ニンテンドーDSとWiiが世界的に好調であった結果、第3四半期以前に発売したソフトのリピート出荷も大きく、第4四半期も好調名結果に。単体としては利益率の低い据え置き型ハードであるWiiを出荷したことにより、利益が下がると思われていたのが、ニンテンドーDSソフトが好調であったため、第4四半期も例年よりも営業利益が増加した。

 こうした好調な業績について岩田社長は「3年にわたるチャレンジが当期に実ったということ。『ゲーム人口の拡大』を基本戦略としてきたが、これに貢献したのが『脳を鍛える大人のDSトレーニング』だ」と語る。「脳を鍛える大人のDSトレーニング」については、海外で発売されたこともあり、累計1200万本を超えるタイトルとなったとのこと。日本でもまだ現在好調で、これまでのソフトのように、発売後2~3週間で売れなくなるという常識を覆した、と岩田氏。欧州でのニンテンドーDS販売が好調で、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を購入した97%の人が次のソフトも購入したいと考え、実際に「NEWスーパーマリオブラザーズ」や「やわらかあたま塾」、「nintendogs」といったソフトを購入しているそうだ。「nintendogs」については海外の実績が日本を上回り、全世界で全種類合計1360万本の売り上げとなっている。

任天堂、絶好調ですねえ。

予想をはるかに上回る収益とは。さすが任天堂。

ゲーム人口は増えてますからネ─(。・ω-)(-ω・。)─♪

(引用:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。