Wii 今年の販売目標・コンチェルゲートを主に今までやってきたクエや生産これからまた始める新しい職業などののちょっとしたことを日記風に紹介。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wii 今年の販売目標


任天堂Wiiも負けてませんね。

∑( ̄□ ̄;)ナント!!

今年、07年の販売台数、1400万台を見込んでるとか。

|ω´・;)ス、スゴイ・・・。

任天堂って、DSもすごいじゃないですか。

任天堂(7974.OS: 株価ニュース , レポート)は26日、2008年3月期の「Wii」の販売台数を1400万台(07年3月期実績は584万台)、「ニンテンドーDS」の販売台数を2200万台(同2356万台)と予想した。ソフトは「Wii」向けを5500万本(同2884万本)、「ニンテンドーDS」向けを1億3000万本(同1億2355万本)と予想している。

 また、2008年3月通期の連結業績について、営業利益が前年比19.5%増の2700億円になるとの見通しを発表した。昨年11月に発売した据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」がフルに寄与するほか、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の販売が引き続き好調とみている。ロイターエスティメーツによる主要アナリスト18人の予測平均値2533億円を上回った。

 大阪で会見した岩田聡社長は「究極的な目標はDSを1人に1台、Wiiを一家に1台普及させることだが、中期的にはDSとWiiのソフトが併せて年間3億本程度売れる市場を確立することが適切な目標」と語った。

 07年3月期の業績を押し上げる一因となった為替レートについては、08年3月期は1ドル=115円、1ユーロ=150円と設定。前年度末実績の1ドル=118円05銭、1ユーロ=157円33銭よりも円高に設定したため、営業外費用に約200億円の為替差損を見込んでいる。

 

 

 同日発表した07年3月期の連結営業利益は前年比2.5倍の2260億円で、過去最高となった。「ニンテンドーDS」がハード、ソフトとも世界的に販売好調だったほか、昨年11月に発売した「Wii」も順調な滑り出しとなった。

Wiiもすごいけど、任天堂のDSソフトもすごい売れ行きだったようなw

一体どこまで伸びるんだろう?任天堂。

というか、さすが任天堂って感じ。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © ゲームの広場 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。